IMGP3939

2018年度 自然体験ジュニアリーダー育成キャンプ 

 IMGP3939

小学生のころ芦生の自然の中で沢山のことを学んだ君へ
今度はリーダーとして自然の素晴らしさ一緒に伝えないかい?

 

ジュニアリーダーって何?

芦生(あしう)自然学校では中学生、高校生たちがキャンプなどの自然体験で参加者を見守りながら活動するキャンプカウンセラー
という役割を担っています。彼らはジュニア リーダーと呼ばれ自然体験に関するあらゆる知識や経験を会得したうえで、子どもたちの自然体験
活動をサポートしています。もちろん、中高生たち自身がそこから多くのことを学び成長しています。

 

こんな子にもオススメ

芦生の自然でもっと遊びたい

アンズキッズの仲間たちと再会したい

小学生の頃に味わった自然のドキドキわくわくを味わいたい

将来自然に関わる仕事をしたいと思っている

  ☆アンズキッズ卒業生にとっては
懐かしい仲間たちと再会できるチャンスだ

参加条件

□自然が好きで心身ともに健康な中高生の男女10名
□これまでアンズキッズのキャンプコース
または、日帰りコースに参加したことがある
もしくは、運動が得意で体力に自信がある中高生

 

現役ジュニアリーダーからのメッセージ
アンズキッズ1期卒業生 リーダー歴1年 Kさん

  • リーダーをやってみて、まず、自分自身が活動や子どもたちとのコミュニケーションを楽しむことができました。また、自然を楽しむだけでなく、自然の中で遊ぶことは危険
    を伴うことも分かり、その危険をどのように対処するかということを自分の体で実感することができました。このような体験は、高校や大学では決して味わうことはできず、こ
    れからかの自分にとってとても貴重な物になると思っています。 小学生の頃とはまた違った経験ができるのでお勧めです

アンズキッズ5期卒業生 リーダー歴2年 Sさん

  • Jrリーダーになってみて、最初は声が出せなかったり、周囲が見えていなかったりという失敗が沢山ありました。自分が小学生(キッズ)の時は、リーダーの人たちが沢山気を配ばってくれていたんだなぁと、すごく実感しました。Jrリーダーになると自分のことではなく、子どもたちが成功する姿をみて、めっちゃうれしくなります。そんな楽しみがあるのでぜひ参加してみてください。

 

アンズキッズ3期卒業生 リーダー歴1年 Yさん

  • リーダーになっていいことが沢山ありました。 まず川や山の活動が本当に楽しい、そして自分も成長できる。環境や行動の安全確認をするコト、子どもの気持ちを考えて言葉を
    かけるコト、毎回色んな学びがあります。アンズキッズが忘れられない子には絶対お勧めで、ここでの経験はこれからの人生にとても役に立ちます

 

申し込み手順

育成キャンプ申込フォームに記入する。メールアドレスやパソコンが無い場合は、電話でもOK
②事務局より育成キャンプのスケジュールや持ち物の案内を郵送いたします。
③送られてきた書類に、必要事項を記入の上事務局まで送り返す。
④記載されている参加費を指定の口座に振り込む
⑤プログラムをよく読んで、しっかり体調を整え活動に参加しよう!

Q&A

Q リーダーにはならないかもしれないけどキャンプがしたい

A リーダーになるかどうかは参加してから決めてもよいです。アンズキッズの卒業生たちと再会し、小学生の時には出来なかった、一歩進んだ自然体験の世界が君たちを待っています。

Q 3回全部行けないかもしれない。。
A 育成キャンプは毎年ありますので年かけて3回参加すればテストを受ける事が出来ますので安心して下さい。また予定の日以外にも育成キャンプを開催する可能性があります。まずは1度参加してみよう。

Q 活動場所まではどうやって行くんですか?
A 毎回の活動には、JR園部駅から送迎のバスが出ます

 

 

2018年度 中学生 高校生の為の
自然体験 Jrリーダー育成キャンプ開催スケジュール

第1回 Jrリーダー育成キャンプ 基礎編 4月14-15日(土日) 1泊2日 参加費10,000円

Jrリーダーとしての心構え 刃物、火を使えるようになる 野外の服装や持ち物について理解する

第2回 Jrリーダー育成キャンプ 夏編  7月7- 8日(土日) 1泊2日 参加費10,000円

川の安全や川の生き物についての知識を学ぶキャンプファイヤーをできるようになる

第3回 Jrリーダー育成キャンプ 冬編  1月26-27日(土日)1泊2日 参加費10,000円

スノーシューで課された山を登りきる冬の活動の危険について学ぶ

テストを受けて合格すれば君も芦生のジュニアリーダーだ!

 

薪割り

11月25-26日(土日) 交流&薪割りイベントin芦生2017 終了しました。

薪割りIMGP2455

交流&薪割りイベントin芦生2017のお知らせ

日本各地で大きな爪痕を残した台風21号。美山町では道路の崩落や倒木、崩土により孤立、停電などが相次ぎました。芦生でも土砂崩れ、倒木などの被害が多くあり未だ完全復旧とは言えない状態です。キャンプ場へのアクセス「トロッコ道」も多くの倒木が道を遮り、崩土個所も未だ残っています。

今回は、そんな被害をもたらした倒木を山に捨てておくのではなく、子どもたちのキャンプ活動に使用する薪として有効利用するための労働力を募集します。

すでに伐倒している杉やヒノキを切り、キャンプ場まで運搬、薪割りをして来年度の子どもたちの飯合炊爨やキャンプファイヤーに使用するためのエネルギーとして使えるように、私たちと作業しませんか?作業の後は猪鍋を囲む交流会も用意しています。ぜひこの機会に芦生の最奥に訪れてみませんか?

 

概要

交流&薪割りイベントin芦生2017

開催日  2017年11月25日(土)〜11月26日(日) 1泊2日(3食付き・テント泊)

料金   無料

定員   10名 最低遂行人数 なし

集合場所 京都府 南丹市 美山町芦生斧蛇(芦生駐車場)

集合時間 AM 10:00/25日(土)

解散予定 PM 15:30/26日(日)

解散予定時刻は状況により前後する場合がございます。

対象    18~60歳までの心身ともに健康で体力に自信のある男女

申し込み方法 お申し込みフォームよりお申し込みください。

持ち物    25日の昼食、水筒、レインウェア、防寒着、帽子、長靴など

締め切り  11月21日(火)

その他   作業中に起きた事故・怪我に関しては芦生自然学校が加入する傷害保険(ハイパー任意労働保険)にて対応して頂く事になります。補償内容等を詳しく知りたい方は事務局までお問い合わせください。

開催規定 小雨決行(悪天候が予想される場合は、開催3日前-前日までに事務局よりご連絡いたします。)

25日タイムスケジュール

10:00 芦生駐車場集合(徒歩にてキャンプ場へ移動 テント設営など)

11:00 作業開始(伐採した木を玉切りにして運び出します)

12:00 昼食(持参下さい)

13:00 作業再開

16:00 作業終了(最寄りの入浴施設までバスにてお送りいたします)

16:30 入浴(河鹿荘にて)

17:00 キャンプ場へ移動

18:00 交流会開始(お酒の持ち込み大歓迎です)

20:00適宜就寝(テント泊になります。寝具一式はこちらでご用意いたします。)

26日タイムスケジュール

7:00 朝食(自然学校でご用意いたします)

8:00 作業準備

9:00 薪割り(前日に運んだ薪を割ります)

12:00昼食(自然学校でご用意いたします)

13:00作業再開

14:00テントなど撤収

15:00解散予定

 

※この時期の芦生は朝晩特に冷え込みます。冬用のフリースやセーターを着込んで頂き、アウターにはスキーウェアなどの防風、撥水性のあるものをご用意ください。

※長靴をお持ちでない方は事前にご相談頂ければご用意できます。

※寝袋はお持ちであれば、温かいものを持参して頂いても結構です。

台風直後のトロッコ道               台風直後のトロッコ道↑(今現在は危険な倒木は除去しています)

 

%e7%b4%85%e8%91%89

芦生の森 秋のトレッキングウィーク 2017年10月28(土)〜11月3日(金祝)まで

%e7%b4%85%e8%91%89

 

======== 10月28日(土)〜11月3日(金祝)の間、5名以上で毎日開催します =========

秋の芦生の森は日一日と見せてくれる表情が変わっていきます。

鮮やかな黄色のタカノツメ、燃えるような朱赤のカエデ類、

淡いレモンイエローが印象的なコシアブラ、シックな茶色のナラやクリ、、、。

一口に紅葉と言ってしまうには勿体無いほどバラエティーに富んでいます。

それぞれの木々の表情に注目しながら、秋深まる芦生の森を歩きましょう。

==============================================

概要

■芦生自然学校 的、トレッキング。

「観光や見物で終わるトレッキングにはしたくない。」それが芦生自然学校のポリシーです。色鮮やかな紅葉に包まれた森で、今起こっている環境の変化や問題を知ってほしい。現代の私たちが失なおうとしている、森と人との関わりや、感覚。。。ここで何か感じてほしい。そして、自然に目を向け楽しんで欲しい。

芦生で生まれ育ち、自然と背中合わせの暮らしの大変さと楽しさを肌身に感じてきた、芦生自然学校の理事長、井栗秀直がガイドします。気候や地理的に移行帯にあたる芦生の森の特徴的な植生や、昔人が守り育ててきた森と人との関わりなどの歴史的な背景を交えたお話をしながら、秋の森を歩きます。

子どもから大人まで、自然の中で楽しむ感覚は変わらないもの。ファミリーでの参加も大歓迎です。

紅葉シーズンではありますが、その年の気候変動によって微妙に葉の色付き具合が変わりますので、その時その時の色合いを楽しんでいただければと思っています。

============================================

開催日  2017年10月28日(土)〜11月3日(金祝) 各日

料金   6,480円(税込)/ 1名

定員   15名 最低遂行人数 5名

集合場所 京都府 南丹市 美山町芦生斧蛇(芦生駐車場)

集合時間 AM9:00

解散予定 PM15:30

     解散予定時刻は状況により前後する場合がございます。

対象   小学3年生~60歳までの心身ともに健康な男女

     ※健康チェックシートにて活動に支障があると事務局で判断した場合には安全管理上、ご相談の上、お断りさせていただく場合がございます。また、芦生の森は一般の登山道のように整備された歩道がありませんので、一定の歩行力が必要となります、ご了承ください。

申し込み方法 お申し込みフォームよりお申し込みください。

支払い方法  指定の銀行口座へお振り込みください

持ち物    お弁当、水筒、レインウェア、ザック、防寒着、帽子、トレッキングシューズなど

※ 詳しい持ち物や服装、お振込先 キャンセル規定 その他、保険の内容等に関してはお申し込み後にお送りするご案内をご覧ください。

タイムスケジュール

      9:00 芦生駐車場集合(マイクロバスまたはワゴン車にて林内へ移動)

10:00 トレッキングスタート(詳細なコースは当日の状況によりガイドが選定します)

12:00 昼食

15:00 トレッキング終了 車両にて移動

16:00 芦生駐車場 解散

IMGP3713

7月29日(土)8月19日(土) 親子向け 美山川千年の川プロジェクト(魚の観察・調査体験会)

IMGP3670

概要

この活動は芦生の森を源流とする由良川、その上流部を悠々と流れる通称・美山川を千年先も生命溢れる川として守ることを目的とした活動です。

①河川環境保全・保全の為の調査
②美山川の資源調査(美山町の川文化・歴史)
③人材育成
この3つの観点で千年先まで美山川を守り繋いでいこうというのが、この活動の趣旨です。 

今回は、親子でも参加できる、美山川の観察会を行います。

開催日   第一回 2017年7月29日(土)

      第二回 2017年8月19日(土)

 大雨、増水の場合は中止いたします。(開催2日前までにご連絡いたします)

料 金  500円(当日回収いたします)

(希望者はキャンプ場にて、テント泊可能です。夕食と翌日の朝食付きで。別途1,500円)

定 員  20名 最低遂行人数 なし

集合場所 芦生駐車場(南丹市美山町芦生須郷)

集合時間 AM9:30

解散予定 PM16:00

     解散予定時刻はプログラムの進行状況により前後する場合がございます。

対象   小学3年生以上のお子さんを持つ親子 または60歳未満の心身ともに健康な男女

申し込み方法 こちらの申し込みフォームよりお申し込みください

 

持 ち 物  

持ち物 お弁当 水筒 水着 川の活動に適した服装(長袖、長ズボンの速乾性ウェアを

ご用意ください)カッパ

その他、保険の内容等はこちらをご覧ください

タイムスケジュール

AM  9:30  集合受付 作業内容説明 着替え

   10:00  芦生自然学校キャンプ場で作業説明

        ライフジャケットを装着して網を持ち、魚を観察、捕獲します。

   12:00  昼食

   13:00  調査再開

   14:00  川遊び

   15:30閉会式

   16:00解散

mfa_tclogo_w200

指導者の為の救急法 MEDIC First Aid チャイルド ケア プラス

MFA のコピー

まさか!に備える

子どもに怪我はつきもの、学校、保育園、キャンプ等の野外活動やプール、川遊びなど、様々なシーンで起こりえる事故や怪我について正しい知識と対応策を学ぶことができる講習です。心肺蘇生法やAEDの扱いに加え火傷、すりきず、ねんざ等の軽度のファーストエイドから、誤飲や痙攣、落下など幼児に多い事項まで幅広い対応を学べるのが特徴です。

■AEDって子どもにもつかえるの?

■子どもの心臓マッサージのやりかたは?

■赤ちゃんが誤飲!どうすればいい?

■鼻血が出た時の正しい対処は?

■火傷や擦り傷、消毒はしたほうがいいの?

■突然の交通事故!私に何が出来る?

このコースは成人の救命法もカバーしているので、小児・乳児のみならず、保育や学校の施設内に出入りする大人の緊急時にも対応できます。最新のCPR、AED、ファーストエイドのガイドラインを反映している、この「チャイルドケアプラス・コース」は、米国では保育者に 課せられている応急手当ての基準を満たしていますので、日本の保育者や保育施設にも、事故や病気から子ども達を守るための情報と して大いに有益です。

 

こんな人におすすめ

一般市民 学校教員 保育関係者 ベビーシッター 野外活動指導者 介護施設職員  施設従業員

 

申し込み方法

芦生自然学校事務局まで、電話またはメールで氏名、連絡先、希望日時、参加人数をお伝え下さい。またオプションや希望の内容がある場合はその旨御伝え下さい。

料金表(3名から開催可能)

3名    17,000円

5名まで  16,000円

9名まで  15,000円

12名まで 14,000円

※1名当りの料金です 所要時間 7〜8時間

 

MFAとは? 

MFAはアメリカで35年以上に誕生した一般市民レベルの応急救護の手当の訓練プログラムであり、現在では、国連関連組織・世界安全機構をはじめ、アメリカ沿岸警備隊やカナダ・ロイヤル・ライフセービング協会、ガールスカウトUSA、日本海洋レジャー安全・振興協会など、様々な公的機関や団体の多くから公認され、5カ国に設置された国際サービス・オフィスを通して世界中に普及しています。

mfa_tclogo_w200

アレンジプラン

芦生自然学校では、通常のMFAチャイルドケアプラスに加えて、野外活動に特化した講習内容を提供する事が可能です。実際にフィールドで活動しながら学ぶ事でより深く、リアルに理解することが出来ます。  ※1泊2日〜

  • 安全に川遊びをする為の知識や遊び方が知りたい。
  • こどもをキャンプに連れて行くのに必要な知識・技術や、気をつける事を教えて欲しい。
  • ハイキングや山歩きで怪我をしたらどうすればいい?地図やコンパス、ロープの使い方も知りたい

詳しく知りたい方は、お気軽に事務局までお問い合わせ下さい。

IMGP3095

15

アンズキッズ 2017 募集説明会 3月18日(土)3月19日(日)

概要

アンズキッズは、2010 年から始まった芦生自然学校の年間自然体験プログラムです。アウトドア体験やキャンプ、農業や林業などの暮らしの体験を、キャンプコースでは5月から毎月1回~キャンプ8回、日帰り1回~計19日にわたり行います。日帰りコースでは5月から日帰り7回 キャンプ1回の計8日間行い子供達が人と自然の繋がりを身近に感じ、豊かな心とたくましく生きる力を育むことを目的とした山村野外活動体験事業です。

キャンプコース(8期生) 日帰りコース(2期生)の両コースの説明があります。

38

事業名 ANSKIDS2017 募集説明会

内容どんな活動なのか、どんな場所なのかどんな持ち物が必要なのか 誰がするのかアンズキッズに関わる様々な疑問質問に現地スタッフが詳しくお答えします。

またこの活動を通してどんな学びや経験を子供達がするのかについても、参加者の声や実際の活動中の動画などを用いてご説明いたします。

 


 

第1回 亀岡会場 開催日  3月18日(土)

料金 無料   定員 なし

開催場所 ガレリア亀岡3階市民活動推進センター 第3会議室

開催時間 午後1:00〜2:00と午後3時〜4時の2回開催

対象   2017年4月からの新小学3年生〜6年生の

心身ともに健康な男女とその保護者

申し込み方法 不要(当日会場まで直接お越しください)

持ち物    筆記用具など

 


 

第2回 京都会場 開催日  3月19日(日)

料金 無料  定員 なし

開催場所 京都市東山いきいき市民活動センター302号室

開催時間 午後1:00〜2:00と午後3時〜4時の2回開催

対象   2017年4月からの新小学3年生〜6年生の

心身ともに健康な男女とその保護者

申し込み方法 不要(当日会場まで直接お越しください)

持ち物    筆記用具など

 

アンズキッズ2017の募集開始は3月20日(月)祝日です。

お電話でのお申し込みで先着順になります。

アンズキッズページ→こちら

アンズキッズ紹介動画→youtube

雪玉投げ

美山っ子倶楽部 雪山をスノーシューで歩く 3月4日(土)報告

今年最後の雪遊びは美山の小学校に通う通称、美山っこ達のための自然体験(美山っ子倶楽部)
今回は、子供達の面倒を見るボランティアスタッフも、アンズキッズ卒業生の地元中学生2名で
オール美山っ子!

朝から気温低く、久々の(凍氷り)いてごり!
スノーシューがなくても氷のように硬い雪の上をサクサク歩けます。
しかしソリを滑らすと、それはもうちょっと危険なくらい滑ります。
雪にも色んな状態があってその状態によって、できる遊びが変わったり、危険があったり
そんな自然の不思議を体いっぱいに感じながら、クタクタになるまで遊びました。
ソリレースに公式ルールの雪合戦、などなど永遠と遊んでいました。
また帰る頃になると、雪は腐ってきてグサグサと足がはまりだし、スノーシューの必要性も体感した1日でした。

IMG_0129 IMG_0131 IMG_0132 IMG_0135 IMG_0136 2 IMG_0136 IMG_0137 IMG_0138 IMG_0141 IMG_0143 IMG_0155 IMG_0157 IMG_0163 2 IMG_0171 IMG_0189 IMG_0193 IMG_0197 IMG_0201 IMG_0202 IMG_0205 IMG_0223 IMG_0228 IMG_0249 IMG_0259

この事業は終了いたしました

============================================

子どもゆめ基金助成事業 南丹市教育委員会後援事業

概要

自然の中で遊ぶ機会が少ない、現代っ子。

山や川で駆け回り遊ぶ姿が見られないのは、美山っ子も例外ではありません。

河原を飛び歩き、山を駆け下り、淵で潜って一日中遊び続けられる。

そんな逞しさを美山っ子には持ち続けて欲しい!

そこから、自然の美しさや怖さ、生きるために必要な能力

を学んで欲しい。その学びの場を提供したい。

そんな想いで、続けています。

事業名

美山っ子倶楽部 雪山をスノーシューで歩く

内容

美山の中でも一段と雪が多い芦生。

冬はなかなか訪れる機会が無いかと思いますが、

こんなに沢山の雪で遊ばないのは、美山っ子として 実にもったいない!

雪の上でも忍者のように沈まない道具『スノーシュー』 を履いて出発!

猟師さんと一緒に、鹿やイノシシの 足跡を追跡します。

もちろんソリ遊びや雪合戦もしよう!

開催日  3月4日(土)日帰り

料金   2,000円(税込)

定員   20名

集合場所 美山町内 指定の停留所

集合時間 大野振興会(AM8:00)〜美山中学校前〜安掛バス停〜旧知井小前〜田歌〜芦生

解散予定 芦生(PM3:30)〜田歌〜旧知井小前〜安掛バス停〜美山中学校前〜大野振興会

解散予定時刻はプログラム進行状況により前後する場合がございます。

対象   美山町内の小学校に通う小学3年生〜6年生の心身ともに健康な男女

※健康チェックシートにて活動に支障があると事務局で判断した場

合には安全管理上、ご相談の上、お断りさせていただく場合がご

ざいます。

申し込み方法 こちらの申し込みフォームよりお申し込みください

※申し込み開始は2月9日です。

お申込み後、参加申込書/健康調査票、当日のプログラムと持ち物の案内が届きます。
申込書類に必要事項を記入し、芦生自然学校事務局まで返送してください。(郵送またはFAX、メール添付)合わせて、案内に記載されている口座まで参加費をお振込ください。
書類の返送と入金が確認できましたら、受付完了のお知らせをいたします。

支払い方法  指定の銀行口座へお振り込みください

持ち物    おにぎり(暖かいスープが出ます)水筒 スキーウェア 長靴 帽子など

詳しくは申し込み後に郵送される持ち物シートをご覧ください。

※お振込先 キャンセル規定 その他、保険の内容等はこちらをご覧ください

タイムスケジュール

AM 8:00 大野振興会前

   8:10 美山中学校前

   8:20 安掛バス停留所 ※たけよし横

   8:30 旧知井小学校前

   8:50 田歌公民館前

   9:00 芦生駐車場到着

      キャンプ場へ移動

  10:00 スノーシューの装着

     雪の上を歩いてみよう

     雪遊び

  12:00 昼食(温かい汁物が出ます)

  13:00 スノーシューで動物の痕跡を追跡しに出発

     猟師さんから狩猟のことも聞きながら

  15:00 閉会式

  15:30 バス発車

  15:50 田歌公民館

  16:00 知井小学校前

  16:10 安掛バス停所

  16:20 宮島中学校前

  16:30 大野振興会前

       ※ 集合解散時間は当日の積雪状況により前後します

%e7%b4%85%e8%91%89

第3回 芦生の森スタディーツアー秋 11月12〜13日(土日) 大募集中です!

%e7%b4%85%e8%91%89

 

=====第3回 11月12〜13日(土日)1泊2日 自然林におけるシカの“食害”とは?===

第3回目は、京都大学大学院農学研究科 森林科学専攻 森林生物学研究室 の高柳 敦 さんを

講師に招き鹿の食害で荒れる、芦生の森の現状を深く学びます。

またこの問題に対して現在取り組んでおられるプロジェクトについても説明いただき

今芦生の森を守るために何ができるかを参加者の皆さんと一緒に考えたいと思います。

2日目は紅葉深まる芦生の森を実際に散策します。

==============================================

%e5%9f%ba%e8%aa%bf%e8%ac%9b%e6%bc%94_%e9%ab%98%e6%9f%b3

 講師 プロフィール

 京都大学農学研究科 高柳 敦 氏 (たかやなぎ あつし)

 専門は野生動物保全学。大型野生動物による被害問題の解決の
 ための研究を行っている。
 具体的には、ニホンジカやニホンカモシカによる農林業被害
 ニホンジカによる生態系被害、ツキノワグマによる皮剥ぎ被害
 (クマ剥ぎ)、ニホンザルによる被害対策、被害管理のあり方、
 野生動物被害問題の社会的側面、狩猟制度、野生動物利用の在り
方など、幅広く取り組んでいる。
人間と野生動物との共存のために、野生動物の存在が組み込まれた社会の実現と野生動物文化
の形成を目指している。京都府ではシカ肉利用の推進事業にも関わった。
食害防除ボランティア「かもしかの会関西」に1982年から参加し現在は代表を務める。

■講座内容

シカによる農林業被害の激化だけでなく、下層植生がなくなるなど生態系への影響も大きくなっている。芦生の森を見たとき、林床にはシカがあまり食べない植物以外ほとんど見られない状態になっており、昔の芦生を知る人が見れば、一目で悲惨な現状にあると思うだろう。その悲惨さを我々は「被害」と認識し、シカの食べ過ぎによる「生態系被害」と一般に言われている。しかし、シカは植物を食べなければ生きて行けない。植物を食べることを全て「被害」と呼ぶならば、シカは存在できないだろう。シカは自然の大切な一員である。私たちはそれをどう受け止めて行けば良いのだろうか。これについてはまだ答えは見えていないが、そういう視点でシカのいる生態系とは何かを考えるきっかけとしたい。

============================================

主催   株)野生復帰計画

概要   講座×トレッキングで楽しむ 芦生の森スタディーツアー

開催日  第3回 11月12〜13日(土日)1泊2日

講座名  自然林におけるシカの“食害”とは?

料金   21,600円(税込)

定員   20名 最低遂行人数 5名

集合場所 京都府 南丹市 JR園部駅 西口

集合時間 AM12:00(1日目)

解散予定 PM16:30(2日目)

     解散予定時刻は交通状況により前後する場合がございます。

対象   高校生から~60歳までのの心身ともに健康な男女

     ※健康チェックシートにて活動に支障があると事務局で判断した場

      合には安全管理上、ご相談の上、お断りさせていただく場合がご

      ざいます。

申し込み方法 申し込みフォームよりお申し込みください。

支払い方法  指定の銀行口座へお振り込みください

持ち物    スタディーツアーパンフレットをご覧下さい。(PDF)

※お振込先 キャンセル規定 その他、保険の内容等に関してもパンフレットをご覧下さい。

タイムスケジュール

11月12日(土)

12:00 JR園部駅集合(バスにて移動)

13:00 観光農園 江和ランド チェックイン

      開会式 自己紹介等

14:00 講座  自然林におけるシカの“食害”とは?

■講師 京都大学大学院農学研究科 森林科学専攻 森林生物学研究室 HP 高柳 敦 氏

16:00 質疑応答

17:00 フリータイム

18:00 夕食(交流会)

観光農園 江和ランドにて地場野菜、鹿などのジビエ料理を堪能

21:00 適宜就寝

 

11月13日(日)

7:30 朝食

8:30 マイクロバスにて芦生の森へ移動

10:00 芦生の森の散策 (芦生自然学校スタッフがガイド致します)

      詳しいコースなどは現在調整中です。

12:00 昼食(お弁当)

15:00 散策 終了

16:00 芦生出発

17:00 JR園部駅 解散

集合解散 場所 JR園部駅 西口

 

旅行企画・実施

京都府知事登録旅行業 地域-663号

株式会社野生復帰計画 / 南丹市美山町内久保池ノ谷36−3

(一社)全国旅行業協会 正会員

IMGP3408

美山っ子倶楽部 芦生の森 川遊びキャンプ 8月26~27日(金土)

IMGP3408

子ども夢基金助成事業 南丹市教育委員会後援事業

概要

自然の中で遊ぶ機会が少ない、現代っ子。
山や川で駆け回り遊ぶ姿が見られないのは、美山っ子も例外ではありません。
河原を飛び歩き、山を駆け下り、淵で潜って一日中遊び続けられる。
そんな逞しさを美山っ子には持ち続けて欲しい!
そこから、自然の美しさや怖さ、生きるために必要な能力
を学んで欲しい。その学びの場を提供したい   。
そんな想いで、続けています。

事業名

美山っ子倶楽部 芦生の森 川遊びキャンプ

内容

美山川の一番上流の芦生でキャンプをして、川遊び三昧の2日間。
魚とりはもちろん、ライフジャケットをつけて川を流れたり、
淵に潜って泳いだり思いっきり楽しみます。
自分たちでとった魚は天ぷらにして食べよう♪
薪割りと飯ごう炊さん、夜にはキャンプファイヤーもやるよ!

開催日  8月26日(金)~8月27日(土)1泊2日

料金   8,000円(税込)

定員   25名 最低遂行人数 15名

集合場所 美山町内 指定の停留所

集合時間 AM8:00 大野〜宮島〜中〜田歌〜芦生

解散予定 PM16:50 芦生〜田歌〜中〜宮島〜大野

解散予定時刻はプログラム進行状況により前後する場合がございます。

対象   美山町内の小学校に通う小学3年生〜6年生の心身ともに健康な男女

※健康チェックシートにて活動に支障があると事務局で判断した場

合には安全管理上、ご相談の上、お断りさせていただく場合がご

ざいます。

申し込み方法 こちらの申し込みフォームよりお申し込みください

※申し込み開始は7月20日です。

お申込み後、参加申込書/健康調査票、当日のプログラムと持ち物の案内が届きます。
申込書類に必要事項を記入し、芦生自然学校事務局まで返送してください。(郵送またはFAX、メール添付)合わせて、案内に記載されている口座まで参加費をお振込ください。
書類の返送と入金が確認できましたら、受付完了のお知らせをいたします。

支払い方法  指定の銀行口座へお振り込みください

持ち物    1日目のお昼ごはん 水筒 川用の服 長靴 帽子など

詳しくは申し込み後に郵送される持ち物シートをご覧ください。

※お振込先 キャンセル規定 その他、保険の内容等はこちらをご覧ください

タイムスケジュール

AM 8:00 大野振興会前

   8:10 宮島中学校前

   8:20 安掛バス停留所 ※たけよし横

   8:30 知井小学校前

   8:50 田歌公民館前

   9:00 芦生駐車場到着

      キャンプ場へ移動

  10:00 川遊び開始

  12:00 昼食(持参)

  13:00 活動開始

  15:00 テント設営 はんごうなど

  18:00 夕食

  20:00 キャンプファイヤー

  21:00 就寝

翌日

  08:00 朝食

  09:00 活動準備

  10:00 リバートレッキングなど

  12:00 昼食

  13:00 活動再開

  14:00 活動終了

  15:00 閉会式

  15:30 バス発車

  15:50 田歌公民館

  16:00 知井小学校前

  16:10 安掛バス停所

  16:20 宮島中学校前

  16:30 大野振興会前