%e9%9b%aa%e6%99%af%e8%89%b2

第4回 芦生の森スタディーツアー冬 1月28〜29日(土日)報告

芦生スタディーツアー 1月28〜29日(土日)報告

今年度、最終回になる4回目のテーマは、第1・3回目でもテーマの一部として大きく取り上げられてきた、鹿の食害でした。これまで、鹿の食害による生態系への影響を学んで来ましたが今回は、その自然そのものと向き合う暮らしや営み、特に狩猟という文化、行為を実際に触れることを大切にした2日間でした。初日、美山町の狩猟文化や制度、森の変容を学びました。また害とは何か?駆除は必要なのか?というような根本的な話に白熱した議論も行われました。2日目には数名の猟師と共に狩猟体験を行い、豪雪の影響もあり6頭の鹿を捕獲しました。これまでニュースやインターネットなどの情報で鹿害という言葉を聞いていたようですが、実際に自分の目で見ることがいかに大事か、ということをおっしゃっていました。

鹿を取り巻く様々な問題を、これらかもっと社会に発信していこうという思いを、美味しい鹿肉を食べながら皆さんと共有した2日間でした。

IMGP1051 IMGP1052 IMGP1054 IMGP1055 IMGP1057 IMGP1059 IMGP1061 IMGP1062 IMGP1064 IMGP1065
IMGP1071 IMGP1072 IMGP1074 IMGP1076 IMGP1078 IMGP1080 IMGP1081

この事業は終了いたしました。

=====第4回 1月28〜29日(土日)1泊2日 獣害への取り組み=============

今年度、最終回になる4回目のテーマは、第1・3回目でもテーマの一部として大きく取り上げられてきた、鹿の食害。

今回は、鹿害が与える自然への影響ではなく、それに向き合う山村の営みや実際に獣と対自する猟師にも焦点を当ててみたいと思います。

鹿の食害による芦生の森の変容についてスライドなどを利用し森がいかに変化したのかを学びます。
その後、捕獲した鹿を利活用について全国の事例や取り組みと共に、利活用に必要な処理施設に関する情報提供を、野生復帰計画の代表 青田 真樹氏が行います。

美山町で鹿の有効利用を行う田歌舎へ宿泊し、ジビエ料理を味わい2日目には代表の藤原誉氏を講師に迎え、実際に数名の猟師とともに山に分け入り狩猟の様子を見学することができます。害と呼ばれる鹿を山村の資源に変えるには何が必要なのかを参加する皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

==============================================

 guests016講師 プロフィール

 田歌舎代表 藤原 誉 氏 (ふじわら ほまる)

 大阪府枚方市出身。遊・食・住+自然エネルギー自給的な暮らし
 が見えるお店「田歌舎」代表。㈱野生復帰計画 取締役。
 21年前、自給自足的生活を志し山村・美山町へ移住。
 農業、建築を学びつつ、養鶏場のアルバイト、ラフティングガイ
 ドを軸に生計を立ててきた。
 狩猟には移住翌年に愛犬が自然の中で次第に猟犬に育っていった
 ことで始まった。狩猟を生業ととらえ鹿肉を余すことなく使い、
売る挑戦を始めて15年以上、現在は田歌舎にて年間250頭ほどの鹿、猪を解体、精肉、販売をし、生業として成立させている。いろいろなことをして暮らすこと、「現代版の百姓」が今の時代こそ可能であるという事を実証すべく、14年前に「田歌舎」を立ち上げた。レストラン・宿泊・自然案内を生業として、狩猟・採集・農業、建築を含めた自給的な営みを、スタッフ・研修生たち10名前後と共に実践している。
講座内容(1日目)
 鹿の食害による芦生の森の変容について
 講師 現在調整中
 鹿の利活用について
 講師 株)野生復帰計画代表 青田 真樹氏
■体験講座内容
 犬と猟師が共に行う巻狩の体験 獣のフィールドサインと犬の嗅覚を頼りに山中にいる鹿を獲る
巻狩りを見学します。 講師 田歌舎代表 藤原 誉氏

============================================

主催   株)野生復帰計画

概要   講座×トレッキングで楽しむ 芦生の森スタディーツアー

開催日  第4回 1月28〜29日(土日)1泊2日

講座名  獣害への取り組み

料金   21,600円(税込)

定員   20名 最低遂行人数 5名

集合場所 京都府 南丹市 JR園部駅 西口

集合時間 AM12:00(1日目)

解散予定 PM16:30(2日目)

     解散予定時刻は交通状況により前後する場合がございます。

対象   高校生から~60歳までのの心身ともに健康な男女

     ※健康チェックシートにて活動に支障があると事務局で判断した場

      合には安全管理上、ご相談の上、お断りさせていただく場合がご

      ざいます。

申し込み方法 申し込みフォームよりお申し込みください。

支払い方法  指定の銀行口座へお振り込みください

持ち物    スタディーツアーパンフレットをご覧下さい。(PDF)

※お振込先 キャンセル規定 その他、保険の内容等に関してもパンフレットをご覧下さい。

タイムスケジュール

1月28日(土)

12:00 JR園部駅集合(バスにて移動)

13:00 田歌舎 チェックイン

      開会式 自己紹介等

14:00 講座 鹿の食害による芦生の森の変容について

15:00 講座 鹿の利活用について

16:00 質疑応答

17:00 フリータイム(希望者は最寄りの入浴施設にお連れします)

18:00 夕食(交流会)

田歌舎にて、美山の鹿肉料理を味わう

21:00 適宜就寝

 

1月29日(日)

7:30 朝食

9:00 狩猟体験

10:00

12:00 昼食

13:00 狩猟体験終了

14:00 感想、振り返り まとめ等

15:00 送迎車出発

17:00 JR園部駅 解散

集合解散 場所 JR園部駅 西口

 

旅行企画・実施

京都府知事登録旅行業 地域-663号

株式会社野生復帰計画 / 南丹市美山町芦生スケ尻14−2

(一社)全国旅行業協会 正会員