日本海に流れる由良川。芦生はその最上流域にあります。芦生自然学校はこの豊かなフィールドを生かして活動する事を目的に2004年9月に設立されました。地域の子どもたちはもちろん都市の子ども達や青年に向けに環境教育の場を提供する事を目的としています。自然観察や沢登りなどのアウトドアスポーツ、農業体験、林業体験、田舎の生活体験など【自然】と【自然の中のくらしと、遊び】を知ってもらうことが当校の主旨です。

ミッション

美山町の恵まれた自然と、その自然と向き合う中で育まれてきた山村の暮らしの文化をかけがえのない財産として、多くの人々とこれを学び、守り活かす活動を行います。また、次世代を担う子ども達へ多くの自然体験活動の機会を提供し、永続可能な社会づくりに寄与する人材を育成します。

芦生の森
ブナやトチノキ、アシウスギなど代表する木々が自然植生する西日本最大の天然林が残る芦生の森は、日本海気候と太平洋型記法の移行帯であり、豊かな動植物の生態系を有する生命力あふれる森です。

芦生の川
美山町を流れる由良川の最上流域、通称・美山川森を悠々と蛇行する美しい流れと、30種をこえる

天然の川魚達の住処です。自然の中で遊ぶ楽しみや時に厳しさを教えてくれます。

芦生自然学校エコキャンプ場 リンク:pdf
豊かな芦生の森の中で、自然の豊かさと自然エネルギーを有効使用した京都初!自然エネルギー体感できるキャンプ場です。
※本キャンプ場は、一般利用できません。ご利用の場合は、当法人会員になっていただくもしくは、当法人が実施するプログラムにお申込み頂く必要があります。

自然学習はなぜ必要か

現在、自立心や意欲、「生きる力」そのものが欠如した青少年の増加が問題となっています。この背景には、子どもの頃に、子ども同士で自然と触れ合う遊びを通して、自分と他者との関係や、社会の仕組みを知る機会の多くを失ってしまったことにあります。これは、都市部のみならず、私たちが暮らす里地里山地域でも例外ではありません。

芦生自然学校では、私たちが活動を行う芦生の森や美山川など、未だ豊かな自然環境が残るこの地域で、自然の厳しさや豊かさに身をもって触れ自然体験や生活体験を通して、「作る・育てる・採(獲)る」など、人間が生きるために必要とされる根源的な部分での経験を提供します。また自然の中では、「自分だけでは出来ないこと」と「仲間と一緒だから出来ること」を実感出来ます。芦生自然学校での経験を通じてこのようなことを会得する中で、日常生活でも周りに良い影響を与え、各々の将来の人生を豊かにし、さらにより良い社会を作る担い手となることを期待しています。

参加者の声
事業
自然体験

子ども向け 親子向け、大人向けの3つクラス日帰りの初歩的な体験から、少し難易度のある体験まで
芦生の森、川、暮らしを楽しめる企画を用意しています。

芦生スタディツアーです。

人材育成です。

美山川の清掃活動や森を守る活動など環境保全を目的とする活動

事業実績はこちら

美山町を流れる由良川の最上流域、通称・美山川

森を悠々と蛇行する美しい流れと、30種をこえる天然の川魚達の住処です。自然の中で遊ぶ楽しみや時に厳しさを教えてくれます。

美山で増えすぎた鹿さん達、食害で森や川、農村などに多くの影響を与えています。人の暮らしと野生動物の関係を身を以て教えてくれます。

たきびせんせい

キャンプで絶対に登場してくる先生。

ひとつ間違えると大変怖い先生ですが、人間が生きて行く上で最も大切なことを教えてくれます。体を暖めるのにも、ご飯を炊くのにも、キャンプファイヤーでもとても重要な役割です。

渓流魚の女王とよばれる魚、きれいな水でしか

住めない魚ですが、美山川の本流、支流に昔からすんでいます。ヤマメ先生が住む美しく厳しい渓谷はみんなの冒険心をかき立ててくれます。

関西屈指の原生林とうたわれる芦生原生林、その中でもひと際、堂々と存在しているのが多くのトチノキの大木。その昔から芦生の住人であった山人たちを見守り続けてきました。森と暮らし、その関わりを教えてくれます。

自然学校が管理する田んぼにはこの先生がたくさんいます。

きれいな水が流れる、田んぼにしかいません。お米を作る苦労や、収穫の喜びを教えてくれます。

ゆーか

植物に詳しく、歩く植物図鑑と呼ばれています。 自然の中にある、なんだこれ?とかこれ可愛いね! を発見するのが得意です。森の解説を紙芝居にしてくれたり いつでも、みんなが自然を好きになれるような工夫をしてくれます。

芦生に生まれ育ち、自然の中で遊び尽くした先生

森や川のことなら何でも知っています。時に厳しく、時にみんなを笑わせながらいつでも温かく見守ってくれます。

おっかー

いつでも子どもたちに負けないくらい元気いっぱい

遊びます。川遊びも、山歩きも、子どもに負けてたまるか!と意地を張っています。でもみんなの頑張りを、あの手この手

で全力でサポートしてくれます。

採用情報はこちら

名称 特定非営利活動法人芦生自然学校

代表者 理事長 井栗秀直

設立年月日 2004年 月12日(NPO認可)

所在地 南丹市美山町芦生スケ尻14−2

連絡先 TEL:0771-77-0588 (営業時間9:00-17:00 定休日 水曜日)

FAX:0771-77-0584

mail:office@ashiu.org

>>芦生自然学校についてさらに詳しい情報はこちら

情報公開

定款(pdf)をダウンロード

役員名簿(pdf)をダウンロード

NPOパンフレット(pdf)をダウンロード

事業計画書・収支予算書

・2015年度(pdf)

2014年度(pdf)

事業報告書・財務諸表

  • 2014年度(pdf)
  • 2013年度(pdf)

【行き方】

お車にて:

京都方面から


京都市内から162号線を北上して、高雄、周山を経て美山に入ります(京都市内よりおよそ2時間)
・9号線からは園部市街より右折、京都縦貫道園部インターを過ぎて、 日吉、神楽坂トンネルを経て美山町へ。
(園部ICより約60分)

神戸方面から


舞鶴道丹南篠山口インターより東進。
天引トンネルをぬけ園部市内へ、日吉、神楽坂トンネルを経て美山町へ
美山町内に入れば、由良川本流沿いを上流、 北東へ(府道38号)かやぶきの集落を過ぎて約30分、 左側、芦生駐車場が集合場所になります。
公共機関:

京都駅からJR園部・日吉駅経由および周山経由よりかやぶきの里行きは以下のとおりです
リンク→(http://www.city.nantan.kyoto.jp/www/event/104/003/003/index_1940.html

• 京都駅から時刻表等は改正される場合がございます。お出かけ前に、必ずご確認ください。
• 知見口からキャンプ場までの行き方については、自然学校までお問い合わせください。